私の親、ベビーシッターです。


ベビーシッターも結構大変なんです。
by oujafekhki
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


裁判所コピー50円「高すぎる」…見直し判定(読売新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は25日午前、東京・西五反田の会場で、公益法人などを対象とする事業仕分け第2弾後半の最終日となる4日目の議論を始めた。

 法務省所管の司法協会については、裁判所内で行っている裁判記録などのコピーサービスが取り上げられた。申込者がコピーを同法人の職員に委託した場合1枚当たり50円、設置してあるコピー機で自らコピーした場合でも1枚20円かかることから、「一般常識からして高すぎる」として、「見直し」と判定。取りまとめ役の寺田学衆院議員(民主)は「できる限り安くなるよう、法務省が指導・監督してほしい」と求めた。

 農林水産省所管の日本森林林業振興会と日本森林技術協会について、国有林の木材を売却するための価格調査などの「収穫調査業務」や、生産した丸太の種類や大きさなどを調べる「素材検知業務」が対象となった。仕分け人からは、一定の義務を課せば、これらの業務を行うのは、両公益法人に限定する必要はないとの指摘が相次いだ。

 この日は、矯正協会(法務省所管)が独占的に引き受けている刑務所内の物品販売や、受刑者に家具などの製造を委託している「刑務作業協力事業」などを取り上げる。

日米合意先行、理解できぬ=社民党首(時事通信)
消費増税明記に否定的=小沢氏「第一は無駄削減」―参院選公約(時事通信)
みんなの党・江田氏、民主・渡部氏の「誘い」否定(産経新聞)
福島氏の訪沖に首相「閣僚として行くのは…」(読売新聞)
普天間、辺野古移設で大筋合意=工法などは継続協議―日米(時事通信)
[PR]

by oujafekhki | 2010-05-26 20:37

元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)

 不動産投資ファンドなどの資金計約30億円を着服したとして、警視庁は17日、東京都港区六本木7、元公認会計士・二又正行容疑者(35)を業務上横領容疑で逮捕した。

 発表によると、二又容疑者は今年1月、預金管理などの業務委託を受けていた不動産投資ファンドなど4社の預金口座から計13回にわたり、総額約30億円を引き出し、着服した疑い。調べに対し、二又容疑者は容疑を認めているという。

 二又容疑者は4社から印鑑や預金通帳を預かっていた。着服した資金は外国為替証拠金取引(FX取引)に充てて、ほぼすべてが損失になったという。

 4社はいずれも「シンプレクス不動産投資顧問」(千代田区)が設立した特別目的会社(SPC)。二又容疑者は港区にコンサルティング会社を設立し、4社から業務委託を受けていた。

 シンプレクス不動産投資顧問が不正に気付き、今年2月、二又容疑者を刑事告発していた。

 二又容疑者は2000年7月に公認会計士登録したが、刑事告発後の今年4月、「一身上の都合」を理由に日本公認会計士協会に業務廃止を申請し、登録抹消されていた。

パロマ事故で元社長ら有罪判決(産経新聞)
<和服レンタル>「高額キャンセル料違法」消費者団体が提訴(毎日新聞)
「九州持ち回り訓練」提案 首相、5月末決着断念明言(産経新聞)
<国民新党>地方経済再生へ年3兆円 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
財政健全化が必要=行政刷新相(時事通信)
[PR]

by oujafekhki | 2010-05-17 16:40

<駅突き落とし>「発達障害でノーベル賞も」裁判長が説諭(毎日新聞)

 JR東京駅のホームで09年3月、女性を突き落として電車に接触させけがをさせたとして殺人未遂罪などに問われた無職、太田周作被告(25)の控訴審判決で、東京高裁は26日、裁判員裁判で懲役9年とした東京地裁判決(09年11月)を支持し、被告側控訴を棄却した。精神鑑定で広汎性発達障害と診断された被告に対し、矢村宏裁判長は「(発達障害でも)ノーベル賞を取った人だっている。自信持っていいんだ」と説諭した。

 判決は事件の動機を「就職活動がうまくいかず、母親から障害者として就職するよう言われ、プライドが許さないことから人を殺し死刑になろうと考えた」と認定。「物事へのこだわりや思い込みの激しさなど障害の影響があるように思えるが、大きな影響ではない」と完全責任能力を認め「責任能力が低下していた」とした弁護側の主張を退けた。

 そのうえで、矢村裁判長は「発達障害は駄目じゃない。障害とうまく付き合う方法を考えて」などと述べた。「ノーベル賞」発言には、発達障害があったとされる物理学者、アインシュタインらが念頭にあったとみられる。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:全国初の区分審理 懲役6年6月の判決 大阪
裁判員裁判:開始に遅れの傾向、殺人の軽重幅広く 初年度
裁判員裁判:懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決
裁判員裁判:母親に猶予判決 回復の見込みない息子刺殺
裁判員制度:東京高裁「合憲」 初の憲法判断

<核密約>岡田外相、佐世保で謝罪(毎日新聞)
首相、国家公務員採用の半減を指示(産経新聞)
ホテルに強盗、女性従業員刺す=あごに重傷、6万奪い男逃走−東京(時事通信)
<検察審査会>鳩山首相「不起訴相当」の議決 偽装献金事件(毎日新聞)
検察官遅刻、裁判官気づかず判決…やり直しに(読売新聞)
[PR]

by oujafekhki | 2010-05-01 03:23